ホールについて

main_photo

三井住友海上しらかわホールは、1994年11月、名古屋・伏見にクラシック音楽専用の中規模ホールとして開館しました。当時の住友海上が創業100年記念事業の一環として建設したものです。その後2001年10月に住友海上は三井海上と合併し、三井住友海上となりましたが、ホールはそのまま新会社に引き継がれました。
ホールが建つ地域は、かつて白川町と呼ばれ、いまも「白川公園」「白川通り」にその名を留めています。名古屋市科学館や美術館などの文化施設が点在する森と文化の街でもあり、愛着と郷愁をもって人々に親しまれている「白川」の名称から、「しらかわホール」と命名しました。最高水準の音響設計と設備を備えたコンサートホールとして、世界の一流アーティストから地元のアマチュア音楽家まで、音楽を愛する人々に幅広く愛されてきました。
「よりよい社会のために、音楽ができること———。」このテーマとともに、これからも、人と音との出会いを通じて、豊かな文化を育み、夢と感動を届けるホールでありつづけたいと願っています。

コンサートホール

コンサートホール

コンサートホールの形状は、理想的な音響特性といわれ、数々の歴史的名ホールを誕生させた「シューボックス・スタイル」を採用しました。ホール壁面と椅子はレッドオーク、床はサクラという天然素材で仕上げられ、上壁部から天井までは、ゆるやかな曲線を描くプラスターボードで覆われています。「ホールに足を踏み入れると、まるで包み込まれるような感覚が味わえる」と評される三井住友海上しらかわホールならではの空気感は、ぜひご自身でご体感ください。

響きの秘密 〜しらかわホールはなぜ響きがいいのか?〜

エントランス・ロビー

ホールの扉を開いた瞬間、オフィス街の喧噪と騒音は消え去ります。
淡く光沢ある大理石が張り巡らされた優雅なエントランス・ロビー。
天井高10メートルもの吹き抜けは開放感にあふれ、これからはじまるコンサートへの期待が膨らむ典雅な雰囲気でお客様をお迎えします。

エントランス・ロビー
ホワイエ

ホワイエ

エントランス・ロビーをあがると、そこは、広々とした回廊式のホワイエです。コンサートがはじまるまでのひととき、ここでお茶を飲んだり(バーコーナーのみ)、CDショッピングを楽しんだりと、ゆったりおくつろぎいただけます。

バーコーナー

ホワイエのバーコーナー「しらかわバー」では、公演の開場中、および休憩中に各種お飲物をご用意してお待ちしております。コンサートの合間にお立寄りください。 (公演により営業がない場合もございます。)

バーコーナー
セミ・オーケストラ・ピット

セミ・オーケストラ・ピット

中規模コンサートホールとしては、貴重なセミ・オーケストラ・ピットを備えています。主階席、前3列を取り外し、床を40cm沈めることによって、ホールオペラ上演に最適なオーケストラ・ピットが出現します。

アーティスト・ラウンジ

舞台下手に、カウンター・スペースを備えたアーティスト専用ラウンジを設けました。開演前の打合せや、休憩や終演後のひとときをゆったりと過ごしていただけます。アーティストだけでなく、コンサート関係者にも大好評のスペースです。

アーティスト・ラウンジ
楽屋・控室

楽屋・控室

個室から6〜10人まで、多様な用途に応じた7部屋の楽屋をご用意いたしました。全室にトイレを完備。前室付き個室、バス付きの個室もあります。また、ウォーミングアップ用のグランドピアノ(ヤマハC1)付きの楽屋もあります。

リハーサル室

ソロだけでなく、室内楽、合唱、舞踊まで幅広くご利用いただける、調整室を備えた108㎡の本格的なリハーサル室もあります。グランドピアノ(ヤマハC3)、鏡面壁、バレエバー付。

※ホール設備の詳細については「施設概要」をご覧ください。

リハーサル室

写真ギャラリー

フロアガイド

1F

1F

  • c1エントランスホール・エントランスロビー
  • c2クローク
  • c3ホール事務局・チケットセンター

floar01_icon

2F

2F

  • c4ホワイエ
  • c5バーコーナー

floar02_icon

3F

3F

  • c1客席1階
  • c6ステージ

floar03_icon

4F

4F

  • c5客席2階
  • c2バルコニー席

floar04_icon

floor_btn01
floor_btn02

↑ ページの先頭へ